NAOYA

QUESTION

 

MESSAGE

僕がグッド・クルーに入社したのは本当に偶然の出会いでした。
就活イベントでたまたま知った企業で、それまで考えたことも見たこともない業界でしたが、仕事がどうこうというよりも大事にしたい縁だと感じたことが何よりもきっかけです。
今このサイトに訪ねてくれていること、こうして僕のメッセージを読んでくれていることも縁だと思います。自分の気持ちに正直に「この縁を大事にしたい!」って思える企業と出会ったら、その先は一緒に作って行けば良いので、まずは目の前の縁を大事にしてほしいと思います。

 

M-gram診断

 

INTERVIEW

現在は業務提携先の会社様と一緒にショップスタッフ向けの研修を行っています。売り場に出てお客様応対をする機会もありますが、基本的には研修講師として、自身のノウハウや知識を伝えたり、OJTでスキルを身につけてもらうことが主な仕事です。
時にはショップの店長様へ研修をしたり、ショップの課題を洗い出し改善していくお手伝いをすることもあります。
元々は目の前のお客様を笑顔にすることにやりがいを感じていましたが、全国のユーザーを相手に応対するスタッフさんたちのスキル向上等を通じて、より多くのお客様に満足してもらえるようになると思うと、とてもやりがいを感じます。また、スタッフさんたちのやりがいにも繋がる責任のある仕事です。

相手の話から情報を引き出したり、順序立てて自分の言葉で説明をする機会が増えます。
僕は人見知りで緊張に弱いタイプなので、未だに慣れない応対もあるのですが、経験を重ねるにあたって少しずつ場慣れしてきました。
また、実施する研修やOJTの内容をブラッシュアップしながら質を高めて行けるので、自分の苦手や課題と向き合い克服する機会に恵まれた仕事だと思います。
更に、現在の仕事ではコンサルタントとしての目線が養われていると感じています。
本質的な課題を抽出し、解決するためにどのような取り組みが必要になるのかといった考え方が少しずつ身に付いてきたと思います。

初めて研修講師として研修を担当する事になった時、事前の練習をチームメンバーの前で行いました。
練習だったにも関わらず、本当に自分でもびっくりするくらい何も言えなくなってしまったんです。完全に頭の中が真っ白で、冷や汗だけずっと流れてるような状態が続きました。今となっては練習で良かったと思いますが、本当にショックでした。
自分が頭で理解したことを相手に同じ状況、同じ温度感で伝わるように説明することってこんなに難しかったんだなと改めて気付かされました。
現場のスタッフさんに対しても、同じことを伝えて行きたいです。自分が勉強した事や学んだ知識を自分本位ではなく、どれだけ相手の視点で伝えて行くことができるかを意識して研修しています。

 

上記に書いたエピソードより、周りにいたチームメンバーから見たら不甲斐ない自分の姿は期待外れでがっかりしたと思います。
そんな自分に対して、その場でフィードバックをもらうだけではなく、その後も業務の時間を一部割いて練習や落とし込みに付き合ってくれたり、常に気にかけて声をかけてくれました。
昨年立ち上げたばかりの事業部なので、僕のピンチって事業部にとってもそのままピンチに直結するんですよね。
僕1人だけでの問題ではなく、チームで仕事をするという事の意味を周りのメンバーが教えてくれました。
また、同じ年に入社した同期からも様々な刺激をもらいますし、ショップスタッフ時代の店舗の方々とは今でもたまに飲みに行ったりしています。
多くの人に支えられて今の僕が在ることに感謝し、これからも頑張って行きたいです。

 

「2年後の機種変更も貴方にアドバイスしてほしい」
「今まで長く同じキャリア使ってきたけど今までのスタッフの中で一番良かった!」
「貴方のようなスタッフが増えてくれると嬉しい」
など、お客様から頂いた言葉が今の自分の励みになっています!また、『称賛の声』という賞を頂いたことも忘れられません。
何度も自分宛に再来店されては「また相談しに来てもいい?」なんてお言葉を頂くと、お客さまひとりひとりの日常に寄り添う仕事なんだと気持ちが引き締まります。
こんな風にお客様からの有難いお言葉を頂けるスタッフを増やしていきたいですし、今の仕事を通じてならそれが実現できると考えています。

 

お仕事ですから、何をどうしたって少なからず大変なことはありますが、入社年数関係なく「自分次第」で様々なことに挑戦できる環境がグッド・クルーにはあります。挑戦するたびに、自分の未熟さを突き付けられることも多く、楽な道を選択してしまいそうになることもあります。
しかし、一朝一夕でどうにか出来てしまうようなことではないからこそ試行錯誤があり、やりがいや面白みがあるのだと思います。
ダラダラと社会に出てきた僕が、今こうして楽しくやりがいをもって働けていること、その日々に感謝しています。